パンフレットの仕様やサイズのまとめ

パンフレットの用紙サイズはどうやって決まるの?

パンフレットサイズ

 

パンフレットのサイズはA0(Aゼロまたはゼンといいます)やB0を基準に1/2ずつ折りたたんでいくと、それぞれA1、A2というようにサイズが小さくなっていきます。

パンフレットの用紙サイズ一覧

AサイズとBサイズの大きさをそれぞれ記載しました。

 

A 0 1189 mm × 841 mm B 0 1456 mm × 1030 mm
A 1 841 mm × 594 mm B 1 1030 mm × 728 mm
A 2 594 mm × 420 mm B 2 728 mm × 515 mm
A 3 420 mm × 297 mm B 3 515 mm × 364 mm
A 4 297 mm × 210 mm B 4 364 mm × 257 mm
A 5 210 mm × 148 mm B 5 257 mm × 182 mm
A 6 148 mm × 105 mm B 6 182 mm × 128 mm
A 7 105 mm × 74 mm B 7 128 mm × 91 mm
A 8 74 mm × 52 mm B 8 91 mm × 64 mm
A 9 52 mm × 37 mm B 9 64 mm × 45 mm
A10 37 mm × 26 mm A10 45 mm × 32 mm
A11 26 mm × 18 mm B11 32 mm × 22 mm
A12 18 mm × 13 mm B12 22 mm × 16 mm

どうしてA版とB版があるの? 違いは?

A判は世界基準の用紙です。
19世紀末ドイツの物理学者オズワルドによって提案されたドイツの規格で、正式なものはこちら。
1平方メートルを基準にして、ルート長方形として縦横比率が「白銀比」と呼ばれる「縦:横=1:√2」になっています。

 

ではどうしてB版があるのかというと、これは日本古来からあるサイズなんですね。
日本の美濃紙をもとにしています。
元のサイズが1.5平方メートルなので、A4よりもB4のほうが大きいんですね。